10年落ちは二輪車でも買取額は厳しくなりがち

10年落ちは二輪車でも買取額は厳しくなりがち

車の買取金額に大きく関わる要素の1つは、年式ですね。これは、数ある買取基準の中では優先順位が最も上だそうです。基準としては汚れや走行距離や破損の有無などがありますが、それよりも年式の方が買取額に関わってくるようですね。

 

ところで車にも、色々な種類があります。トラックや社用車などもありますし、二輪車もそうですね。二輪車の場合は一般車とは異なる点も多いですが、共通要素もまた非常に多いです。その1つが、前述の年式なのです。

 

四輪車の場合、例えば10年落ちですと厳しくなりがちですね。いわゆる10年前に販売されているような車は、買取額は低くなる事が多いようです。2年前や3年前ならばまだしも、10年前となると買い取ってくれないケースもあります。業者によっては無料引取りになる事もありますね。

 

ではバイクの場合はどうなのかというと、同様です。一般車と同じく、やはり10年落ちは厳しいそうです。

 

中でも原付バイクなどは、かなり厳しいそうです。もともと余り販売額が高くないため、売却額も低くなる事が多いようです。まして10年落ちとなると、値段が付かないケースもあるようですね。
プリウス 買取

 

しかし、10年落ちならば「必ず」買取不可能という意味ではありません。やはり、それは業者次第です。バイクの買取業者にも色々な所があり、中には10年落ちでも値段を付けてくれるような所も存在します。ですのでそのような業者を探すのが、10年落ちのバイクを売る上では大事なポイントになるでしょう。このためバイクの一括査定などは、大いに有用なサイトだと思うのですが。

 

ちなみにそれは一般車も同様ですね。10年落ちの車は厳しい事が多いですが、中には高額で買い取ってくれる所もあります。その際には一括査定が便利かと思いますが、やはり事前に相場などは調べておいた方が良いでしょう。